古語曲解

暇人の妄言なので、試験勉強の参考にしないようにね

朝顔に 釣瓶とられて もらい水

加賀の千代女の有名な句である

 

千代女は 加賀の国・松任の人である

句意は

ある朝、井戸から水を汲み上げようとしていた千代女が

ふと 井戸端を見ると 思いがけず朝顔が咲いている

はっとして 朝顔に気を取られ 釣瓶を握る手を放してしまう

水汲みの桶が落下し 井戸の中の水が跳ねあがる

かくて千代女は 跳ね上がった水を 頭からかぶってしまう

もらい水である

よって 我をわすれるほど 朝顔好きな自分を 詠んでいるのである

 

松任付近は 手取川流域の扇状地に当たり

扇状地であるから地下水位が高い

よって、井戸の水位も高く いわゆる浅井戸である

水汲みの桶が落ちた程度で 地上に水が跳ね返るほどである

という考証が可能である

f:id:satotax:20170616210731j:plain